サラ金で専業主婦は一人でお金を借りることが出来ません。サラ金には専業主婦キャッシングがありますが、これは基本的に配偶者貸付の事を指しているので注意をしましょう。簡単に分かりやすく説明しておくと、専業主婦が自分一人で申込をすることが出来ず、その理由は収入が無いからです。収入が無くても専業主婦キャッシングを利用できるのは銀行、あるいは銀行系と呼ばれるキャッシングであり、貸金業者には総量規制がかかってくることからも、申込者に収入がなければ総量規制に抵触するので融資が出来ません。こうした知識は闇金を避ける効果的なものでもあるので、しっかりと覚えておくことが大事です。サラ金で専業主婦キャッシングをする為には夫の同意書が必要であり、夫の収入を使えば申込をすることが出来ます。また、基本的に専業主婦キャッシングから融資を受ける時はこの借り方が主流である事も覚えておきたい点です。やはり、専業主婦キャッシングへ自分一人で申し込むことが出来ても、その返済に関して夫の力を借りることになるなら、夫の返済能力から申込をしても同じようなものだと言えます。しっかりと上記の知識は頭に入れておくようにしましょう。

銀行なら自分一人で融資が受けれる

どうしても専業主婦キャッシングへ自力で申込をしたいという人は銀行から申込先を探していくようにしましょう。銀行はサラ金とは違って総量規制外なので、別に無収入でも銀行が融資を認めれば借りることが出来ます。また、銀行で融資を受けるためには審査に合格する必要がありますが、この審査をクリアするという意味では収入系の書類が不要で申し込むことが出来る銀行が存在するので、そうした銀行を狙って申し込みをしていくと、意外と簡単に審査に合格することが出来ます。ただし、一つだけ前提条件があって、それは銀行の専業主婦キャッシングを探す時に専業主婦が単独で申し込めることが認められている銀行に限ります。これが認められていない銀行においてはサラ金と同様にやはり配偶者を頼って申込をせざる終えません。このような違いがあることを覚えておきましょう。インターネットを使えばいろんな銀行の融資の情報を調べることが出来るので、しっかりと様々な銀行の情報をチェックしていきますと、専業主婦が単独で申し込める銀行を見つけることが出来ます。また、そうした銀行において収入系の書類無しという内容もあるので探していくと良いです。

サラ金の金利は一番高い

サラ金の専業主婦キャッシングを利用するなら、金利に関して覚えておきたい知識があります。銀行、あるいは消費者金融、どちらにおいても専業主婦キャッシングで融資を受けるなら必ず金利が付きまといます。この金利というのは法律上の範囲が決まっており、その範囲においてそれぞれの専業主婦キャッシングは独自で好きな金利を設定しています。金利が低いほど返済をしやすくなるので、専業主婦キャッシングを選ぶ時に優先して注目しておきたいポイントは金利と言えます。サラ金の専業主婦キャッシングの金利は上限として18%がポイントです。この金利を高いと判断するべきか、低いと判断するべきか、これは銀行の金利と比較して判断する必要があります。銀行の場合も18%で設定している専業主婦キャッシングがありますが、もっとしっかりとリサーチすると18%以下になっている銀行をたくさん見つけることが出来るので、基本的にサラ金で専業主婦キャッシングを利用する時は銀行に比べると格段に金利が高くなる傾向がある事を知っておきましょう。その反面として、サラ金の場合は最初から無利息を利用できる業者があるなど、銀行とは違ってメリットがあります。

サラ金のレディースキャッシング

サラ金から専業主婦キャッシングを探していく中で、レディースキャッシングという商品を見かけることは多いと思います。レディースキャッシングと聞くと女性なら審査に通りやすいなど、女性がキャッシングを利用する時に何かの点において優遇されるのではないかと思いがちですが、レディースキャッシングは単に女性だけが申し込める内容になっているキャッシングで、普通のキャッシングと異なるのはキャッシングのサービスを利用する時に契約している会社のスタッフが必ず女性が対応してくれるというその点だけが違うので、審査や金利で優遇されることはありません。サラ金で専業主婦キャッシングを選ぶ時にこのレディースキャッシングも一つの候補となってきますが、何を見て選ぶべきなのかはやはり返済を考えるなら金利です。審査に関しては配偶者貸付から申込をするので、基本的にはどこを選んでも夫の収入でいかにして審査に合格できるのかどうかが焦点となるので、一般的に安定した収入を稼いでいる夫であれば、それほど審査の難易度は気にする必要がないと言えます。一般的にレディースキャッシングは勘違いする人が多いので、気を付けておきたいところです。